INFORMATION

早稲田大学A戦を終えて

2019/01/06

<試合結果>
明治大学31{17―13、14―14}27早稲田大学A
 
田中澄憲監督
「内容として決して良いとは言えないですが、プレッシャーの掛かる試合で結果的に粘り勝ちできたことは、選手たちを誇らしく思います。今日の勝因は全員のディフェンスに尽きます。早稲田の30以上のフェーズを止めて、そこから敵陣まで入るというあの場面が象徴していると思うので、グラウンドに立っている15人が本当に粘り強く守りました。最初のキックチャージでトライを取られて、スクラムでペナルティーを2回続けて取られ、自分たちが優位だと思っていたもので取られたのでパニックしがちですが、そこを慌てないでレフリーとコミュニケーション取って修正できてことは大きかったと思います。1戦1戦対戦相手から学んで、課題に出たことを克服してここまで成長してきているので、今日出た課題を最後克服して、やり切った状態で決勝に臨みたいなと思います。もうここから何か特別なことはできないと思うので、いかに練習通りに試合でパフォーマンスできるかです。そのために1日1日の練習を疎かにしないで、みんなで話しながら修正していくだけです」
 
試合の記事、選手たちのコメントはこちら↓
明大スポーツ新聞部HP https://meisupo.net/news/detail/11649