INFORMATION

慶応大学A、B戦を終えて

2018/05/22

<試合結果>
明治大学A45{21―7、24―5}12慶応大学A
明治大学B38{12―5、26―14}19慶応大学B
 
田中澄憲監督
慶応さんはタックルが良いチームです。そこに対して難しい時間帯が長かったですが、我慢してトライまで持っていけたのが良かった点です。昨年はゲインが切れなくてスコアできなかった場面がありましたが、今年はそこを我慢してトライしたことが昨年からの成長です。前半はあまりできませんでしたが、前に出続ければスペースが空くことを意識したら後半はうまくボールを運べていました。慶応さんはブレークダウンでプレッシャーが強くてまだ明治には課題はありますが、できたときはきちんとスコアしていたのでこれからもっと精度を高めていきたいなと思います
 
試合の記事、選手たちのコメントはこちら↓
明大スポーツ新聞部HP Aチーム
http://www.meispo.net/news.php?news_id=11641
Bチームhttp://www.meispo.net/news.php?news_id=11628