INFORMATION

筑波大学A戦を終えて

2017/10/12

<試合結果>
明治大学A 68{21-21、47-7}28筑波大学A

丹羽政彦監督コメント
「FWがしっかりと相手に体を当て、ボール保持を続け頑張ってくれました。前半のスコアは同点ですがゴール前にいけばしっかりスコアできたので後半でしっかり戦えると思ってました。筑波大学の前半を見て後半の戦いを整理して、実行したことが後半スコアになりました。ただ、失点はキックオフのミス2本を含め自分たちで解決できる事。失トライは最低でも2~3トライに抑えないと今後の相手では良い結果は出せない。これは選手が一番わかっています。意識して試合に挑んでこの部分が次の試合で改善されたらそれで良いです。ただ、例年よりタックルの精度は高くなっているので、精度と強度を更に高めてもっと前へ出るディフェンスを作っていきたいと思います。公式戦初出場の1年生の箸本は相手の陣形の弱いところを見てボールキャリし、常に走っていましたし、石川もスペース空いたところを走ってくれてチャンスを広げるランをしていました。次の成蹊戦でもジュニア戦での活躍や日々の練習を見てセレクトしたいと思います。」

試合の記事、選手たちのコメントはこちら↓
明大スポーツ新聞部HP http://meispo.net/news.php?news_id=11152