INFORMATION

なの花薬局ジャパンセブンズを終えて

2017/07/12

<試合結果>
▼予選プール
 明治大学19―22神戸製鋼コベルコスティーラーズ
 明治大学22―28朝日大
▼ボウル準決勝
 明治大学31―15愛媛県選抜
▼ボウル決勝
 明治大学31―19北海道バーバリアンズ

丹羽政彦監督コメント
「午前中は決して悪いゲームではありませんでした。春に積み上げてきたことを最後に出し切ってくれればと思っていました。初戦の神戸製鋼は、最初は自分たちのペースに持って行けましたが、そこから余裕を持ってしまったのが敗因です。午前中の予選プールではトップリーグ相手にある程度通用できた部分もあったのでそれなりに評価はしています。ただ、自分たちがキツイ時に厳しいことを選択できていたのか?チャレンジして自分を精神的にタフに持っていけてなかったのではないか?と選手に問いました。楽な選択をせず自分自身のチームの代表として役割を全うして欲しいと言いました。そこで気持ちを切り替えられたのでボウルトーナメントで優勝することができました。優勝するということは非常に価値のあることです。優勝で春を締めくれたことは明治の春の成長を体現してくれたと思っています。最後、どんな状況になっても勝って終わるということは次に繋がる収穫ですし全員が同じ意識を持ってできたことは非常に評価出来るゲームでした。」

試合の記事、選手たちのコメントはこちら↓
明大スポーツ新聞部HP http://meispo.net/news.php?news_id=10809