OB会

OB会

rss

大学選手権決勝並びに準優勝祝賀会について(ご報告)

[OB会] 投稿日時:2018/01/22(月) 14:11

21年ぶりの大学選手権優勝をかけて19年ぶりに決勝に進出したラグビー部は、1月7日秩父宮ラグビー場で9連覇を狙う帝京大学と対戦しました。
健闘むなしく20ー21の一点差で負けましたが、満員の秩父宮ラグビー場の7割を占めた明大ファンの多くは、選手たちの気迫のこもった戦い振りに終始熱い声援を送ってくれました。
試合の序盤から多くの時間帯で主導権を握り、帝京にプレーをさせない試合振りに号泣するファンの方も見え、80分間戦い続けたその闘志と負けて爽やかな選手たちに対する暖かい声援は止みませんでした。
この敗戦の悔しさを胸に抱く新四年生を中心に必ずや来年は優勝してくれるだろうという希望を抱くことができる決勝戦となりました。

試合後は、日本青年館に移動して学長、理事長を始めとした大学関係者の皆様、現役選手、OB会会員、父母が見守る中、準優勝の祝賀会が行われました。
アフターファンクションを終えた選手たちを迎え入れ、土屋学長、柳谷理事長からはラグビー部の健闘を一般学生が一つになって応援することは大変の喜ばしいことである、大学としてラグビー部を応援し続けるとのありがたいお言葉をいただきました。
また大六野部長からは現場スタッフ、部員たちへの労いの言葉と共に次年度に向けての強い決意を込められた挨拶をいただきました。
引き続き、森会長にご発声をいただき、惜しくも負けた現役たちにエールを送るスピーチを頂き乾杯。
大変賑やかな会となりました。

尚、急遽決まりました祝勝会でしたが、開催に際しましては心あるOB会員の皆様から多額の寄付を頂きましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。

【グランドにて】





【選手入場】



【土屋学長ご挨拶】



【柳谷理事長ご挨拶】



【大六野部長ご挨拶】



【森OB会長乾杯の発声】





【歓談の様子】






【丹羽監督挨拶】



【古川主将挨拶】





【森会長、江頭会長代行、古川主将、梶村副将】



【森会長、渡邊副会長、丹羽監督】



【番外編】(二次会)

(S61猪瀬副会長の店モンキーにて)
 

現役餅つき大会(2017年12月30日)

[OB会] 投稿日時:2018/01/01(月) 11:26

1月2日の大学選手権準決勝に駒を進めた明治は12月30日に八幡山合宿所の中庭で餅つき大会を行いました。
以前から大学選手権で正月を越えた年には餅つき大会が行われていましたが、最初は北島先生も顔を出してくださり、上級生も面白がって餅をついているのですが、先生もご自宅に帰り上級生も飽きてしまうと一年生がずっと餅をつかされていた記憶があります。
皆さんの時代はどんな感じで餅つきを行っていましたか?
今年は、大六野部長はじめ部員全員が参加し、OB会の理事も参加して賑やかな餅つきとなりました。



大六野部長



以下、現役部員による餅つき