OB会

OB会

<<前へ
rss

夏合宿激励会のご案内

[OB会] 投稿日時:2017/08/22(火) 11:56

各位

現在、現役部員は菅平高原の明治大学セミナーハウスで夏合宿を行なっており、現役部員のバーベキューにOB会として毎年肉の差し入れをすると同時に激励訪問をしております。
今年も夏合宿激励会は最終戦の東海大学戦が行われる8月27日(日)を予定しており、試合を観戦しながらバーベキューにご参加いただき、9月から始まる対抗戦を前に現役部員と懇親を深めつつ直接励ましの声をおかけいただけだたらと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
※参加費は不要です。


◆当日の試合スケージュール
東海大学B 11:15 KO サニアパーク
東海大学A 13:00 KO サニアパーク
東海大学C 14:50 KO サニアパーク
http://www.city.ueda.nagano.jp/ssangyo/tanoshimu/sports/taikushisetsu/saniapark/

◆夏合宿激励会
18:00 サングリーン
http://www.mallet-golf.com/yado.html

◆お申し込み
OB会 芳村正徳まで

五大学OVER40ラグビー対抗戦のご案内

[OB会] 投稿日時:2017/08/18(金) 15:41

五大学OVER40ラグビー対抗戦のご案内

今年も「五大学OVER40ラグビー対抗戦」の時期が近づいて参りました。 
下記の通り開催を予定しておりますので、ご参加をお待ちしておりす。 

日 時 : 2017年9月18日(祝・月) ※雨天決行 
場 所 : 立教大学富士見総合グラウンド ラグビー場 
〒354-0004 埼玉県富士見市下南畑1343-1 
スケジュール
 集合    10:00
 開会式   10:20
 キックオフ 10:30
 懇親会   14:30から1時間程度 

【対戦組み合わせ表】 
K.O. A vs B Ref.  
1 10:30 早 稲 田 vs 立 教 東 大  
2 10:48 東 大 vs 慶 應 早 稲 田  
3 11:06 早 稲 田 vs 明 治 立 教  
4 11:24 立 教 vs 慶 應 明 治  
5 11:42 東 大 vs 明 治 慶 應  
6 12:05 五 大 学 選 抜 Over 60 -  
7 12:15 五 大 学 選 抜 Over 60 -  
8 12:30 立 教 vs 東 大 明 治  
9 12:48 明 治 vs 慶 應 立 教  
10 13:06 早 稲 田 vs 東 大 慶 應  
11 13:24 立 教 vs 明 治 早 稲 田  
12 13:42 早 稲 田 vs 慶 應 東 大  
・試合時間15分(ウォーターブレイク&若手交代1分はさむ) 
・Over60は試合時間7分 

【グラウンドへのアクセス】  
池袋より東武東上線・志木駅下車、タクシー約15分  
http://www.rikkyo-rugby.com/profile/ground/ 
敷地内駐車スペースに限りがございます。予めご了承ください。  
クラブハウス内更衣室で着替え、荷物を持ってグラウンドサイドの各校テントにお越しください。  
【試合のルール、留意事項】  
より多くの年代の方にご参加頂けるようゲーム形式につきましては以下のルールを適用致します。 
①数え年齢による白、紺、赤、黄、紫のパンツ分けをする。 
②赤パン以上の選手にはタックル・体当たりはせず、ホールドで対応する。違反はペナルティ。 
(赤パン以上の同じ色同士のタックルは可) 
③各組合せウォーターブレイクを挟んだ15分。ウォーターブレイクまでの前半を高齢者向けとします。 
④Over60戦は例年通り五大学選抜2チームを編成し、7分ハーフで行います。 
※体力に自信のある選手が下の世代の色パンを着用や、後半出場することは妨げません。 

昭和33年卒渡部克彦さんの著書「耐えて克」が出版されました・

[OB会] 投稿日時:2017/08/11(金) 13:57

IMG_8753-300x446.JPG

昭和33年卒のOB会員渡部克彦さんの著書「耐えて克」がこの度文芸社より出版されました。


原子爆弾で被爆。火傷の植皮手術を繰り返し白血病と闘う。
心ない偏見に耐えた12歳からの72年間。
明大大学ラグビー部、北島忠治監督との出会いが著者の人生を拓いた。
(「帯紙」より)

著者である渡部克彦さんは12歳のとき、広島に投下された原爆で被爆し九死に一生を得たそうです。
その影響で白血病に苦しみながら、その後火傷痕の植皮手術を何度も繰り返してきました。
また、いわれのない差別によって社会に出てからもご苦労され、それは賃金にまで及んだそうです。
人生の中でこのような多くの苦難に遭遇しながらも不屈の精神で乗り越えてこられたのは、ひとえに明治大学ラグビー部で出会った恩師、北島忠治監督の教えがあったからにほかならないと語っていらっしゃいます。
昔の八幡山や合宿風景、試合の光景など懐かしい写真やエビソードも数多く紹介されています。
「前へ」の明大ラグビー部の精神を平成の時代に力強く継承させるためにもご一読頂きたい一冊です。
<<前へ